dummy
keikan

スラマッシアン~

ジャカルタ在住者にとって西洋料理を食べたいときに思い浮かぶのはクマンです。

クマンは欧米風のバーやレストランが多く、それらの店は本場の味の店が多く、わたしも日本食やインドネシア料理に飽きたらよく行く場所です。

今回は、

ジャカルタ・クマンのイタリアンレストランMammaRosyのメニューや値段・感想や行き方・予約方法を解説します!

Mamma Rosyの場所と行き方

 

 

 

 

 

 

 

 

Mamma Rosyはジャカルタのクマンにあります。

クマンは、欧米人が多くウエスタンスタイルのバーやレストランがならぶ居心地のいい場所です。

dummy
keikan

「ジャカルタの青山や代官山」なんてたとえられることもありますが、個人的には言い過ぎだと思います(笑)

スミニャックをバリの代官山とたとえるのと同じで、すこし大げさですね。

さて話しをもどして、

MammaRosyの場所から見ていきましょう。

クマンのメインストリート

Jl Kemang laya

に面しています。

行き方は、クマン周辺は電車などの交通機関はないので、車一択です。

自分がつかえる車がなければ、

インドネシアで最近普及している配車アプリGrabやGojekをつかうのが安上りでおすすめです。

配車アプリの使い方はコチラの記事で解説しています。

↓       ↓

ゴジェック(GOJEK)の使い方や予約方法は?インドネシアでのアプリ登録方法を解説!

ママロシィの料理と雰囲気は?

さっそく

Mamma Rosy店内の雰囲気から見ていきましょう。

道路から木製のゲートを抜けると緑いっぱいの庭が広がっています。

Mamma Rosy

 

 

 

 

敷地内に一歩はいると、ジャカルタの乾いた喧噪とはまるで別世界な空間で、なかなか癒されます。

庭木もしっかり手入れされていますが、なぜか日本風の灯篭があるのが謎ですが…(笑)

Mamma Rosyの名前の由来を見てみましょう。

Rosyお母さんのお店

という意味です。

Mamma Rosy

引用元:http://www.culinarybonanza.com/2013/07/let-me-go-hometo-mamma-rosys.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mamma Rosyのオーナーは

Rosyさんの息子のDanielさん

です。

もともとRosyさん一家はイタリアのピエトラ・リグーレという場所でイタリアンレストランを経営していました。

息子Danielさんはアジア好きが高じてジャカルタに移住し、デザイナーの仕事をしていました。

そんなある日、

ジャカルタのDanielさんをたずねた母親のRosyさんは、インドネシアがすっかり気にいってしまいジャカルタで暮らすのもわるくないと考えるようになりました。

そんなRosyさんは、ジャカルタにイタリア料理のお店をオープンしたいとDanielさんと話し合って、一緒にレストランを始めることにしたのです。

そして、

2013年にRosyさんはイタリアからジャカルタに移住してMamma Rosyをオープンしたのです。

引用元:http://indonesiaexpat.biz/meet-the-expats/meet-rosa-vignolo/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しをもどして、

庭をぬけるとお店の前でイタリアン・ジェラートを売っています。

ジャカルタ イタリアン ジェラート

 

 

 

 

 

アイスケースのMammaRosyのロゴもケンタッキーロゴみたいに完成度たかいです。

アイスクリームといえばバリのアイスラボが個人的には好きですが、MammaRosyのアイスクリームも食べてみたいですね。

バリでアイスクリーム食べたくなったらコチラ!

↓         ↓

バリ島アイスラボの場所と行き方は?icelabアイスクリームの値段や感想も!

さて、店内に入りましょう。

MammaRosy店内はイタリアの一般家庭をイメージした落ち着いた雰囲気でした。

アジア好きのRosyさん一家ですが、お店のレイアウトは完全にイタリアなんですね。

庭はアジアとヨーロッパ折衷の無国籍空間ですが。

クマンのイタリアンレストランMammaRosy

 

 

 

 

お店は清潔感があり、こじんまりした落ち着きある空間になっています。

Mamma Rosyのメニューと値段

つづいて、

Mamma Rosyのメニューをみてみましょう!

 

 

 

 

 

パスタやピザ、ラザニアなどがおすすめですが、ステーキなどの肉料理もおいしそうです。

値段もそんなに高くなくて利用しやすいお店ですね。

クマンのイタリアンMammaRosy

 

 

 

 

 

今回は、ランチだったのでかるくピザとスムージーをオーダーしました。

ジャカルタのイタリアンレストランMammaRosy

 

 

 

 

 

 

この無農薬フレッシュジュースはさっぱりしていてとても飲みやすかったです。

値段は、

410000IDR(約300円)

とリーゾナブルです。

ジャカルタのイタリアンMammaRosyのピザ

 

 

 

 

そして、

シーフードピザです。

薄い生地に濃厚なチーズとシーフードが絶妙なハーモニーをかなで、個人的にはジャカルタで食べた中で一番おいしいピザでした。

チーズやハムなどが店内に陳列されていましたが、本場イタリアものでクォリティが高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店を出ると、キッチン小物などを販売しているスペースがありました。

イタリアモノの台所用品はインドネシアではあまり手に入らないので興味がある人はのぞいてみるだけでも楽しいですよね。

 

 

 

 

 

ピザを食べたあとはエキゾティックスタイルの庭のベンチでまったりなんていうのもいいですね。

 

 

 

 

 

MammaRosyの予約方法は?

MammaRosyの営業時間は

毎日10時~23時

です。

わたしが行ったのは土曜日の午前11時くらいだったので、お客さんはまばらでした。

しかし、

週末のディナータイムなどは予約して行ったほうがいいかもしれません。

予約はこちらのMammaRosyホームページか電話がスムーズです。

Tel : +62 (0) 21-71791592

Email : info.mammarosy.com

adress : Jl. Kemang Raya 58 12730 South Jakarta

引用 : http://www.mammarosy.com/contact

まとめ

いかがでしたか。

インドネシアの生活も長くなると、無性にイタリアンやフレンチが食べたくなることがあります。

わたしが暮らすチカランエリアは日本食レストランはたくさんありますが、フレンチやイタリアン、中華料理などはほとんどありません。

そんな時は、

クマンに行って南米料理やイタリアンを堪能することが多いです。

またクマンは、アイリッシュバーやクラブもたくさんあるので夜遊びにも最適の場所ですよ。

ジャカルタ滞在もすこし飽きてきたら、クマンの西洋料理で気分転換は個人的におすすめです!

dummy
keikan

サンパイジュンパラギ~